永久抹消登録の流れ

「永久抹消登録」は、もう乗る必要のなくなった自動車を解体処分にするなどした場合に、ナンバーの登録を削除してもらうための手続きのことをいいます。
この手続きは、まずは自動車を解体処分するところから始まりますので、自動車の解体業者、自動車整備工場、カーディーラーなどに連絡をして、所定の料金を支払って自動車を引き取ってもらいます。これらの事業所にそのまま運転して持ち込んでもよいですし、レッカー車などで自宅まで取りに来てもらうこともできます。
通常はこの時点で解体業者などに必要書類を手渡し、手続きを依頼して終了となります。手続きに必要な書類としては、印鑑登録証明書、委任状、車検証、リサイクル券などが挙げられます。
もし依頼せずに本人が直接申請をする場合には、この段階で「使用済自動車引取証明書」とナンバープレートが業者から渡されます。なお、ナンバープレートは資格のない人が勝手に外すと罰せられますので、必ず業者から受け取るようにします。
この後、ナンバーを所管している運輸支局に行き、廃板返納の窓口でナンバープレートを返却するとともに、申請窓口に必要書類一式を添えて申請書を提出します。このときに所定の手数料が掛かります。書類に不備がなければ「抹消登録証明書」が交付されますので、以上で手続きは完了となります。

コメントは受け付けていません。