リサイクル料金について

廃車になった自動車を破砕処理する際には、シュレッダーダストという、材質の異なるさまざまな部材が混じったゴミが発生します。また、カーエアコンなどの部品を解体する際にも、温暖化ガスの一種であるフロンガスが排出されます。このように、自動車を廃車にするにあたっては、適切な処理をしないと環境問題の原因になりかねないことから、自動車リサイクル法という法律によって、自動車の所有者に廃棄費用を負担してもらう仕組みが整備されています。
このリサイクル料金は、通常は自動車を購入したときなどに「預託金」として前もって支払い、その証拠として「リサイクル券」という券を交付されることになっていますが、この料金を支払う義務があるのは、最終的に自動車を廃棄するときの所有者となります。
したがって、再び誰かが乗ることなく、廃車として処分される場合には、この料金は即座に廃棄費用にあてられるので戻ってきませんが、下取りなどで自動車の販売会社に買い取ってもらうという形式をとる場合には、次の所有者、すなわち販売会社が負担する義務があることになるため、この料金分を返還してもらうことができます。
ただし、下取り代金と別個に返還してもらえる場合と、すでに下取り料金のなかに合算されて含まれている場合とがありますので、相手に確認をしておくことが必要です。

コメントは受け付けていません。