自動車の所有権解除と必要な費用

自動車の廃車をすることとはその自動車を解体業者に渡し解体つまりスクラップにすることではありません。物理的にはそれでもいいのかもしれませんが、自動車には車検証に記載されているとおり、その自動車の所有者が誰なのかが明記されています。
そのため、廃車を完全にするには、運輸支局などで抹消登録を行う必要があります。この抹消登録を行うことによって自動車の名義が完全になくなることになります。この抹消登録を行う際には所有者の許可が必要です。具体的には所有者の印鑑登録証明が必要になりますが、ここで問題になるのは所有者が別人の場合でしかもローン会社や自動車会社などがなっている場合です。
この場合はローンのために所有権を留保されている状態ですから、この所有権解除をしてもらう必要があります。その費用自体は手数料レベルですから数千円程度で済むものですし、それほど問題にはならないものです。
廃車手続きの流れとして印鑑登録証明を取り寄せるのであれば、面倒であればその廃車手続きを依頼する業者なり行政書士などに依頼しても問題はありません。むしろすべて任せてしまった方が楽ではあります。ただ手数料の関係で費用が掛かることがネックになるだけです。

コメントは受け付けていません。