不動車の扱いについて

自動車の査定などでよく使われる「不動車」という用語ですが、これは現状で全く動かせなくなってしまった自動車のことをいいます。何年も乗っておらず放置されたままの自動車、水没によって動かなくなってしまった自動車などはこのカテゴリに含まれるでしょう。
こうした自動車は廃車に出すにもそれなりの費用が掛かりますが、業者によっては買取をしてくれることもあります。ただし、どこの業者でも買取をしてくれるというわけではなく、買取後の売却ルートや、パーツ専門などの得意分野によって、業者ごとに扱いが大きく違ってくるため、ある業者はゼロ査定であるものの、別の業者では査定が付いた、といったこともあり得ます。
国内だけを考えていては見落としがちになりますが、発展途上国などの海外に販路をもっている業者の場合には、パーツを高値で売り払うことも可能なことから、期待以上の査定額を提示してくれることもあります。なるべく複数の業者に査定を依頼するなどして、もっとも条件の良い業者を選択するとよいでしょう。
このような自動車は当然業者の事業所へ自力で持ち込むことはできませんので、出張査定を依頼することになります。その後の処理についても、基本的に業者で運搬車を確保してくれますので、所有者としてはあまり心配はいりません。

コメントは受け付けていません。